初妊娠で流産を経験。その後再び新しい命が宿り、ついに赤ちゃんを抱くことができました。感謝の気持ちを忘れずに育児頑張るぞー☆


by ryovinsontama

カテゴリ:妊娠にむけて( 1 )

妊娠にむけて

妊娠に向けて、結局私がちゃんと続けたことはなんだったのかを忘れないようにしたいと思って書きます。


☆鍼灸治療
5月頭から妊娠後8Wまで毎週通った
※ちなみに先生にやりなさいと言われた自宅でのお灸は3回しかやらなかった・・・

☆歩く
運動不足だった私。5月後半から、できる限り毎日30分歩くようにした

☆冷えたらシャワー
少しでも冷えたなと思ったら、シャワーをあびていた。
足だけの時もあれば腰までの時もあり

☆サプリメント
葉酸は流産後欠かさず飲んでいた。(今も継続)
5月からはビタミンEを飲み始めた。(妊娠発覚後、やめた)
その他、青汁や、はちみつ湯も健康のため飲んでいた(妊娠発覚後、やめた)
※ちなみに、夫には亜鉛、はちみつ湯、青汁を飲んでもらった。(4月から)

☆運動
5月後半から毎日以下の運動をした。(どれも5分くらい)
ももあげ運動
腕の前後左右ぷらぷら運動(前後100回、左右100回1セットを2セット)
ヨガ(骨盤矯正ヨガ)

☆気持ち
沈んだり元気になったりの繰り返しだったが、ストレスをためないように気をつけた。
着床期はあえて旅行にいったりして気持ちを少しでもそらすようにした。
今回だめでも、赤ちゃんは私の準備ができたときに帰ってくる、という気持ちを持ち続けた。
というか、ブログの皆様に支えてもらったのが大きかった。

☆洋服
冷えは大敵!常に靴下、腹巻装着。

☆生活
なるべく趣味の世界を広げ、妊娠に偏りがちな思考を少しでもそらせようとした
どうしても妊娠したいと思うのは当たり前なので、そこは割り切った
友達とあったり、パン教室・陶芸教室・東洋医学の講座などにいった
その他、食事はバランスのいいもの、体があったまるものを積極的にとった
早寝早起きを心がけた
旦那さまと二人でいる時間を充実させようといろいろ楽しんだ

☆お祈り
赤ちゃんが元気に戻ってくるよう毎日初めての赤ちゃんのへその緒にお祈りしていた。
お墓参りのときも、本当に祈った。
おばあちゃんが、子授け成就のお守りを買ってきてくれた。
傷をえぐるのを承知で、赤ちゃんがいる友達にあった。(諸刃の刃なので、会った後気持ちのコントロールがつらかったけど・・・・)そこでこれでもかと、妊娠9ヶ月・7ヶ月のおなかを触りまくり、祈りまくってきた

☆仲良し時
ありがちですが、仲良し後10分くらいは腰をあげて寝ていた。
(壁に足をあてて逆立ちに近いような格好)
その後、おなかを時計まわりになでて、赤ちゃんに安心して帰ってきてねと伝えた。

☆排卵特定
基礎体温
排卵検査薬
病院での卵胞チェック・・・これが一番大きかったと思う。育つたまごを見て、よし!と気合が入った気がするし、排卵するんだなって思えたのがよかった。一番確実かもしれないとも思った。
[PR]
by ryovinsontama | 2006-08-20 23:01 | 妊娠にむけて